借地権赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
FC2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

遅らばせながら、この本を読み終わった。



借地に関する実践的な本はほとんどなかったので、とても新鮮だった。

先日、購入した戸建て物件は旧法の借地だったが、あらためてこの借値がいかに有利だったかがわかる。

仲間には借地をいろいろやっている人はいるのだが、なかなか詳しく系統だって話を聞けなかったので、今回はためになった。

私は、借地に関してはどちらかというと好きではなく、所有権になんとなくこだわっている。

そのため、今回買った土地も持ち主が財務省ということで、いつでも所有権にできるというのが購入の決め手だった。

でも本を読んで良く良く考えると、旧法の借地である以上このままずっと借りられるし、固定資産税はいらないし、借地料も安い。

おまけに今回の土地は更新料もいらない。

無限に20年単位で更新できる。

これは本当に有利だと思う。

ただ、建替え承諾料は木造で50万ほどかかるので、それがちょっと気になる。

それと、最近は借地への融資もだいぶ厳しくなってきているので、この辺も考慮しなくてはならない。

うまく銀行と相談しながら進められれば、かなり高い利回りが実現できることは間違いない。


今後良く考えて、どう生かしていくか決めていきたいと思う。


それと本の中でちょっと一点だけ気になる点があった。

定期借地権のことであるが、これは原則50年後に更地で返すというものであるが、定期借地権の中にも公団などが地主の場合は一定期間後には時価での買取が可能な物は存在する。

私も定期借地権の物件を実は持っているのだが、こちらもあとで所有権にできるということで購入した。

借地の間は借地料は払わなくてはならないが、固定資産税は払わなくていいし、土地が下落しているときはその値下がり分だけ所有しているよりは得だし、購入価格も下がる。

所有権にこだわっていても、こういう土地の場合は一旦借地として手に入れて、その後所有に変える事ができると出口も含めて選択の幅は広がる。

とにかく、これで借地を狙う人もちょっと増えると思う。

あとは銀行がどこまでついてくるかである。

今は借地融資は何度もいろいろな銀行に聞いたが、評価しなくなったところも多いのである。

昨日は多くの方に応援してもらえました。
今日もあなたの貴重な一票を ランキングの応援おねがいします!

サラリーマン 大家 あかちゃん 不動産投資 アパート経営 マンション

こちらで購入の方は銀行提出用の3点セットを差し上げます
■不動産投資自動化ツール・一発鑑太郎! 
■アパートローン必勝マニュアル



コメント

  • 都会~~

  • 06月 06 2009
    • 2009/06/06(土) 07:26:43
    • [ 編集 ]
    • URL
    • お家大好き #U1HWoDyA
あかちゃん様がすんでいる横浜とか東京の比較的、素敵な場所なら借地でも全然いいでしょうね~~

実際、いい場所ってそんなに売りにでないカンジがします~~

・・・私が住んでいる方は借地に自分のお金を出して建物建てる・・・っていうのは・・・あんまり素敵な方法ではないような~~

同じ土地でも、えらい違いです。でも、駅前なんか実際売りにでないし、高くて買えないんですけど。

う~~~ん、感覚的に家は新築以外はすべて価値がなくて、価値があるのは土地である。っておっしゃる不動産屋さんがほとんどのような気がします。

なので、ありえない値段で家もマンションもたまに売ってます。

多分、家を借りて住む人も結構いっぱいいます。でも、集合住宅はちょーーーー供給過剰です。それはほとんど田圃だったところに、建築会社とかあの有名な会社がたくさん建てさせたからです。

地域によって、不動産は特色や使い道が変わるんですね~~(しみじみ)
  • No title

  • 06月 06 2009
    • 2009/06/06(土) 22:25:33
    • [ 編集 ]
    • URL
    • あかちゃん #U1HWoDyA
お家大好きさん
そうですね。借地は都心部にうまみがあるのかもしれませんね。
地方なら、買えますから。
地域によって特性はだいぶ違いますね。
たしかに、償却済みの戸建てをありえない価格で購入。
DIYで復活させる。
jmさんやお家大好きさんはそれやっているんですよね~。

まあ、なんにしても自分にあった方法でうまくやれる方法を見出してやっていくしかありませんね。
あかちゃんサン、はじめまして。

ブログを拝見させていただき、びっくりいたしました。

私の著書を読んでいただいたなんて。

拙著のコメント有難うございます。

無償にて、高評価いただきうれしいです(笑

また宣伝もしていただき、有難うございます(笑

不動産業者が読んでも役立つ、10年後も残る本を目指して書きました。

私自身業者ですので、業者としての矜持です。

定借ももっと書きたかったのですが(言い訳)ページの関係で・・・
私の千葉に住む友人も、底地をいずれ購入できる定借戸建てを買いました。
最初、定借を買うといったときに、やめろってアドバイスしたのですが、事情を聞いて、やっぱり買えって言い直しました(笑
友人は、わけがわからす、どっちなんだい?って言ってました(笑

まれですが、そのような公的ないずれ底を購入できる定借があるようです。

買えたらラッキーですが、全ての定期借地権は「買いだっ」って誤解されやすいので、拙著では旧法の借地権にこだわりました。

借地権の知識は難しいですね。

出来るだけやさしく書いたつもりですが、感想で「難しくて、わからん!」というコメントもちょっと頂きました。

ですので、コメントをもらうと、素直にうれしいです。

有難うございました。
  • No title

  • 06月 13 2009
    • 2009/06/13(土) 00:08:24
    • [ 編集 ]
    • URL
    • あかちゃん #U1HWoDyA
ガッちゃん
と呼んでいいのでしょうか。
著書はすぐ買いました。
借地の本は珍しかったので良かったです。
確かに一部難しいところはあったと思います。
今度ゆっくり話し聞かせてください。
ヘタッピ工藤さんにセッティングお願いしておきました。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する