価値を伝える赤井誠のゼロからの不動産投資 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ お勧め本

お勧め本をまとめました     

私の新刊 必読本です。


岡本さんの新刊です。初心者の必読本


沢さんの新刊 お勧め


コインパーキングの儲けの秘密


銀行員の頭の中を知りたい方


海外投資を考えている方にお勧め


岡本さんの新刊です。

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

ちょっと前に 米国家電量販店「崩壊の現場」という記事を読んだ。

内容の一部にアメリカの量販店は日本と違って陳列が恐ろしいほどシンプルである。日本の量販店で見られるポスター類はほとんどなく、ひたすら商品が並べられているだけであると書かれている。

確かに先日もハワイのウォールマートでディジタルフォトフレームを購入したのだが、そこでもただ価格が書かれているだけで、それ以外はいたってシンプル。

店員に話を聞こうとしても、あまりきちんとした対応はない。


そうなると、アメリカではなかなか自分の使い方に適した商品を探し出すことは難しく、結局価格とデザイン・ブランドで決められてしまうようだ。

これでは、メーカーがいろいろ付加価値を盛り込んでもユーザーには伝わらない。

私の開発している商品も世界中で売られているが、やはりアメリカではコストの安いものしかなかなか売れないのである。

この辺は日本やヨーロッパと違う。

それは、売り方の差もかなりあるのだということを再認識した。


不動産ではどうだろうか。

ただ、単にアパートを建てて、仲介業者さんに任せていてもほとんどの業者さんはその物件の特徴などを正しく伝えることはできていない。

時々、内見者と出くわすが、ただいるだけであまり説明らしきものはしていない。

これではアメリカ的な売り方と同じになる。

すなわち、デザインがよくてコストが安い以外は内見者が気がつかない。

大家のほうでいろいろな物件メリットを出したのなら、それをきちんと伝える手段をもっていなければ、やはりなかなか満室にはできないのではないだろうか。

結局、単にコストで広告費で満室にするだけになる。

物件に差別化を行ったのなら、それをきちんと伝える手段もセットでつくらないと、結局、投資がいきない。

私も今月末に一つ部屋が空く事になったので、この辺を再認識して、パンフやPOPを設置していきたいと思う。


昨日もだいぶ多くの方にクリックしてもらえました。
今日もあなたの貴重な一票を ランキングの応援おねがいします!

サラリーマン 大家 あかちゃん 不動産投資 アパート経営 マンション

【役に立つ資料】
フルローンでガンガンという方は こちら

融資がなかなか引けないという方は こちら



関連記事

コメント

  • 私も

  • 05月 19 2009
    • 2009/05/19(火) 00:24:19
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ミット #U1HWoDyA
同じ考えです。
ついさっきまで妻にPOPを制作してもらってました。
耳が痛いデス。
ちょっと手抜きすると、俄然結果に現れるということが良く分かりました。
常に全力投球しないと生き残っていけませんね!!!

頑張ります☆
  • No title

  • 05月 19 2009
    • 2009/05/19(火) 20:48:09
    • [ 編集 ]
    • URL
    • あかちゃん #U1HWoDyA
ミットさん
奥さんセンスいいからいいPOP作りそうですね。
今度、送ってください。
  • No title

  • 05月 19 2009
    • 2009/05/19(火) 20:49:28
    • [ 編集 ]
    • URL
    • あかちゃん #U1HWoDyA
たまこさん
競争はいたるところでありますので、常にアンテナを張っていないと、いけません。
コスト競争に巻き込まれますね。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する