賃貸住宅新聞赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
FC2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

先日、インタビューを受けていた全国賃貸住宅新聞の2ページに載っている。




当日は、30分ぐらいいろいろな話をしたのだが、ちょっと内容がちがっているんだよなぁ。

まず、私は都内に物件所有していない。

仙台1棟と横浜3棟である。

その後の話はブログにも書いた横浜の土地のお話。

6月なら間違いなく購入した土地だったが、その後の市況の変化で私も前の指値でも買う気がなくなってしまった土地である。

その後、いくつもいい土地が出てきているので、この辺はまたブログにて。

また、4億が1億というのもちょっと大げさで、リート狙いで売られていた8-10億ぐらいの物件が、いろいろな方面から半額ぐらいで売りに出ているとの話が事実。

この辺の取材を受けたときには、9月の決算を乗り切れる会社は、徐々に立ち直る可能性があるので、特売はいつまで続くかわからないと答えたのである。

この辺は言った事とほぼあっている。

確かに苦しい会社や無理してレバレッジを上げすぎていた会社はだいぶつぶれているが、いろいろな業者さんと話していて、堅実にやっている会社は今でもきちんと銀行のバックアップを受けながら、物件を転売している。

自分のところで大きく金額を上乗せすることはなかなかできなくなったが、きちんと仲介手数料で何千万も確実に稼いでいる会社は存在する。

バブルのときは日本中がきちがい見たいにお金を使っていたが、その教訓をきちんと理解している会社もあり、今回の崩壊の場合はバブルの時とは違うと思っている。

そのため、いつまでもバーゲンが続くかというと、この辺はよくわからない。

私は、都心部なら路線価、土地勘のある横浜近郊なら築浅12%以上ということを目標に物件を探している。

おそらく、都心部で路線価を大きく割ることはないと思うし、横浜も15-20%が出てくるとは思えない。

少なくとも昨年より3-4%ぐらいは有利な買い物ができるときに少し買っておきたいと思う。

ただ、こんごのことはよくわからないので、これもドルコスト法のように毎年少しずつ購入していれば、大きな失敗はないだろうと思われる。

まあ、この辺は正直よくわからない。わかったら間違いなく大金持ちになるんでしょうね。

それと、先週 BigTommorrowの取材を受けた。
来月か再来月に載るとのことである。
応援クリックおねがいします!

サラリーマン 大家 あかちゃん 不動産投資 アパート経営 マンション

<お勧め教材>
融資を含めて不動産投資の基礎知識・実践的ノウハウを学ぶには、かなりお勧めです
20代でもアパートオーナーになれる驚異の不動産投資法

低金利の融資を引き出せる国金レポート
面白い程「国民生活金融公庫」が分かるレポート

コメント

横浜で表面12%ですか、、、、8ないし9%の実質利回りを想定されていますか。。。

確かに、これ以上の利回りが横浜界隈ででたとしたら、相当の掘り出し物か、ちょっとした危険物件ですね。きっと。

以前の崩壊後とは違うことは確かなようですね。
  • すばらしい

  • 10月 01 2008
    • 2008/10/01(水) 10:30:51
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 1棟所有 改め 2棟所有 #U1HWoDyA
新聞や雑誌の取材を受けるとは、すばらしいですね。
改めて尊敬します。

興味本位ですが、取材受けるときは謝礼とか出るのでしょうか?

最近のアメリカの経済不調、日本株の低調を見ていると、
不動産業界の復調もまだまだ資金の面で大変そうだと思います。
特に世界的にファンドが回復してこないと、利回りも下がってこないのではと思います。
私も拝見しましたが、確かに4億→1億が有ったらビックリですね。

私も絶好の買い場と思って色々検討はしていますが、欲が出たせいか、なかなか一目惚れするような物件には出会えません。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する