税理士さんとの打合せ赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
FC2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

本日はわが社の決算の打合せを税理士さんと行った。

この税理士さんとは今年が初めての決算になる。

以前の税理士事務所ではもっとも信頼していた人が亡くなり、その後はいい加減な担当者にしかあたらず、最後は黙って辞めていた。

そのため、今年に入って途中から今の税理士さんに代わっていただいた。

いろいろ引き継ぎなどができていない部分もあり、何点か間違いがあったが、ほぼ問題なく終わりそうである。

今回いくつか指摘を受けた点として、
まず一つ目は、昨年建てた新築の建物と設備の割合である。

私は、新築としてははじめての取得だったので、一律7:3で分配したのだが、これは多すぎるのではないかと言う指摘だった。

私は1Rや1Kだと設備のしめる割合が多いので、全然問題ないと思っていたのだが、税務署に指摘される可能性は高いとの事だった。

詳細の内訳は売主よりいただいていたので、先ほどすべての内訳を計算してみた。

大体、建物:設備=71~72:28~29だった。

やはりほぼ7:3。

ファミリー物件とは違いシングル物件はやはり設備の比率が高い。
これでもプロパンガスのため、ガスの引き込みやガス管工事は入っていない。
入っていれば、65:35ぐらいにはなってもおかしくない。

さらに高級仕様で設備をいれれば、さらに設備の比率は増えるはずである。

今回は、正確にもとめたので、きちんとその割合で申告してもらう事にする。

こういうことはきちんとしていたほうがいいに決まっているし、わが社としては節税はしたいが脱税はしたくない。

あとでつまらない指摘など受けたくないのである。

あとは、今年から変わった100%償却の計算が間違っていたので、それを修正してもらうくらいだった。

弥生のバージョンがちょっと古かったので、この辺は間違えてしまったのである。

その他は細かい仕分けでは何箇所か間違いがあったが、たいした問題ではなかった。

来週最終確認をしてもらって、提出。

その後、納税して終了である。

現在、銀行や税務署関係および、営業活動はすべて社長の妻にやってもらい、私は管理会社との交渉とセミナー担当だが、今月はストーカー問題・大型犬問題・セミナー・決算と多くのことが重なってしまって、ちょっと大変である。

まあ、わが社の発展のために家族で頑張ろう。

応援クリックお願いします!-->人気ブログランキングへ


サラリーマン 大家 あかちゃん 不動産投資 アパート経営 マンション

<お勧め教材>
光速』収益不動産投資成功法の今田さんが物件調査で行っているノウハウです。多くの学びが得られます
0.1%物件!? 物件を現地で見極めろ!『ヒアリングテクニックを学べ』

融資を含めて不動産投資の基礎知識・実践的ノウハウを学ぶには、こちらもかなりお勧めです。頭金「ゼロ」でできる、『光速』収益不動産投資成功法

融資がこれからの物件入手にはもっとも大事です。
現役の融資担当者に教えてもらうのが一番早いし、確実です
アパートローン必勝マニュアル

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する