自分の力と運赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
FC2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

現在、管理会社の担当の方の対応に落胆している私ですが、最近はサラリーマンでも落胆する事があって、ちょっと落ち込み気味。

私の場合、そこそこ多くの部下がいるのですが、やはり優秀な人・期待する人はそのうちの一部。

優秀な人とそうでない人で私が一番気にしているポイントは何か。

優秀な人は
うまくいった時には運がよかった。みんなのおかげ。
うまくいかなかった時には自分の努力が足りない。

と発言する。

そうでない人は
うまくいったときには自分の力。
うまくいかなかった時には運が悪かった。

と発言する。

サラリーマンはそういう意味では本当に楽。

うまくいかなくても首になるわけでもないし、借金を背負うわけでもない。
多少ボーナスがへるかもしれないが、大きなダメージはない。

運が悪かったで片付けてもなんとかなる。

でも、不動産だったら。

悪い物件買ったのは販売会社が悪い。
満室にならないのは、管理会社が悪い。

というわけにはいかない。

そうしてもいいけど、つぶれるのは自分。
借金背負うのも自分。

つねにうまくいかないときに自分でどうするかを考え、行動しなくてはすべては自分に帰ってきてしまう。

先日、私が期待していた人物からうまくいかないのは○○のせいで、○○が反省すべきという発言を聞いた。

正直がっかり。

私は○○ではなくて、問題は当人にあると確信している。

自営業じゃ○○のせいにしても自分が困るだけなんだけど。


各自がもっと自分の責任をきちんと感じて行動しないと、自分が困るだけなんだけどなぁ。

まあ、私も部下の教育ができていないという意味では私の力不足だし、管理会社の担当者の行動をきちんとチェックしていなかったことも自分の怠慢と思うしかないですね。

もう少し各自が自己責任をきちんと持って行動してくれると、助かるんですが。

まだまだ修行が足りないですね。


皆さんの応援が励みです。クリックおねがいします!

サラリーマン 大家 あかちゃん 不動産投資 アパート経営 マンション

<お勧め教材>
融資がこれからの物件入手にはもっとも大事です。
現役の融資担当者に教えてもらうのが一番早いし、確実ですよ
アパートローン必勝マニュアル

融資を含めて不動産投資の基礎知識・実践的ノウハウを学ぶには、こちらもかなりお勧めです。頭金「ゼロ」でできる、『光速』収益不動産投資成功法

コメント

  • No title

  • 08月 01 2008
    • 2008/08/01(金) 01:29:01
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ろい #U1HWoDyA
誰かのせいにすると、自分は直す必要がないので同じことがまた起こる可能性が非常に高くなりますよね。
そこでそういう人にかかわったときは、撤退コストが高くつく場合でも、二度とその人とはかかわらないようにしました。

自分の感情を害することや、モチベーションが下がることが一番のコストだと気付いたからです。

私はサラリーマンではないので、付き合う人を選べる事は特権だと考えています。
自分が付き合う人とは、つまり自分のまわりの世界そのものだと思います。
  • No title

  • 08月 01 2008
    • 2008/08/01(金) 06:19:47
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 不動源一郎 #U1HWoDyA
 会社では良くあることですね。サラリーマンも人間で、必ず逃げ道を探して○○のせいにします。あかちゃんのいう優秀な人は少ない。これが現実です。しかし、その逃げ道を一度認めて、君も大変だったね。と受け入れて、その人間を認めてあげると、一旦その人間もストレスから解放されます。そして、どうすれば道ができるか考えてさせて、小さな一歩でも進むことに期待を示するしかないでしょう。サラリーマンは、上司に認められていないのは、敏感に解ります。マイナス行動の人をゼロレベルに、ゼロレベルの人をプラス1に、ブラス1の人をプラス2にして全体が大きなプラスになるように。上司の期待がない信頼されていない部下はだんだんマイナス行動をとるようになると思います。
  マンションの管理会社は契約関係ですので、変えることもできます。が、オーナの期待を伝えて信頼関係を保てるかですね。
 いろいろストレスが溜まりますが、楽しいと思ってやるしかないですね。
あかちゃんさん、
「教育」は本当に難しいですね。。。
管理職として、夫と私はこの話題で盛り上がることが増えました(汗)

大家は自己裁量が大きく、取引先も自由に選べるのが◎ですが、
会社員は、選べない周囲を、いかによい風で巻き込んでいき、
自営では難しい大きなゲームができるか、でしょうか。
こと、教育(育児含む(爆))に関しては、日々反省の日々(笑)

あかちゃんさんは今でも充分によい上司の気がします。
教育の話は、また是非教えてください♪

す~ごく良くわかります。

でもそこは上司である自分の努力が足りないんだ と思いましょうよ。

責任を取るのは自分ですし、自分の仕事をしてくれるのは、部下ですから。
ろいさん
そうですね。
おそらく自分は直さないんだと思います。
確かに私自身ががっかりすることはもっとも大きな損害かもしれません。
ちょっと考えて見ます。
不動源一郎さん
確かに上司に認められているかどうかは解るんだと思います。
自分も解りましたから。
上司としての勤めもおっしゃるとおりです。
私もそういう風に指導するように教育をうけました。

ただ、上司に認められたら働くとか、認められないと働かないとか、自分の行動は誰か人の目の評価により変わるのではどうしようもないです。

上司が認めてくれないからやる気がなくなり、さぼる。

困るのは自分です。上司はまったく困りません。

その事に気がついて自分が自分のために働くようにならなければ、だめだということを言いたかっただけです。
ZUBOOさん
上司と部下との関係。これは永遠のテーマで、私もいろいろ悩むし、いろいろなことをやってきました。

ただ、本当に自分が自分のために仕事をする人にならなければ、サラリーマンでも不動産でもだめになると思っているのです。

いろいろ教育らしきこともしますが、勉強も習っているうちはだめで、自分から学ぶようになって初めて身につくと思います。
DOMBEさん
確かに自分の力不足は間違いないです。
ただ、これは私がそう思って行動する事で問題はないのですが、
そう思わない部下は結局だめなサラリーマンになるような気がして、それをどうするかが一番の悩みです。

できようができまいが、自分のために自分で仕事をするようになってほしいのです。
上司のためや会社のために仕事をしていてはだめなんだと思います。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する