夫に内緒って??赤井誠のゼロからの不動産投資 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ お勧め本

お勧め本をまとめました     

私の新刊 必読本です。


岡本さんの新刊です。初心者の必読本


沢さんの新刊 お勧め


コインパーキングの儲けの秘密


銀行員の頭の中を知りたい方


海外投資を考えている方にお勧め


岡本さんの新刊です。

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内元さんが出版された本を読みました。



内容は、比較的初心者向けで、初めて購入される方には参考になる部分が多いと思います。

また、夫の保障なしに億の借金をして物件を購入してきたことは、普通に考えても相当な個人資産とガッツが必要で、その辺は見習うべき部分は多いと思います。

内本さんは20年きちんと働いて、数千万の貯蓄を夫とは別に持っている時点でものすごいことです。

今の時代は女性でもきちんとした仕事と資産があれば不動産を買い進めることができるという見本にはなりますね。

あとは一般論はもっと削っても、もう少し、女性が夫の保障をなしで買うためのさまざまな障害とその乗り越え方をもっと書いたほうがいい本になったと思います。


ただ、私たちには身内にも障害者もいるし、経済的には苦労しているのが多いこともあり、家族をものすごく大切にしたいと思っている人間です。

そのため家族に内緒で億の借金をすることは正直、好ましくは思っていません。

ギャグならいいですが、いくら保障人になっていなくても何かのときに家族は見捨てるわけには行きません。
まちがいなく迷惑がかかりますし、旦那さんもほおっては置けないと思います。

私が夫の立場なら、妻が勝手にした借金だから、どんなに苦労していてもほおっておくとか、最後は離婚して切り捨てるとかは絶対にしないと思います。

いくら馬鹿と言われても、相手と話をするのをあきらめてしまうということは単なる逃げのように感じます。

他人なら無視すればいいと思いますが、家族はやはり話し合うことを放棄すべきではないと思います。

まあ、本にはナイショとは言っていますが、本当のところはちゃんとしてるのだとは思いますけど。

本からは、かなりきちんとした人というの十分に伝わってきます。


私はまだ、内本さんにはお会いしたことはありませんが、かなりのガッツの持ち主のようですので、一度お会いしてお話をしてみたい人ですね。

             ranking_banner.gif



最新の健美家コラムです。こちらも是非読んでみてください。
● 何に勝つことが大事なんでしょうか?   
関連記事

コメント

はじめまして!元スッチ~大家です(*^^*)
どうして保証人なしで物件を買えたのだろうか。と本当に不思議に思っていました。同じ女性で私も一棟アパートと、戸建て賃貸、コインパーキングを運営しています。もちろん旦那を保証人にして、借り入れをしてです!
そんな中、保証人なしでなんてあり得ないと不思議で気持ち悪かったので、教えてくださりありがとうございましたm(__)mスッキリしました!
  • 06月 12 2013
    • 2013/06/12(水) 07:24:30
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 赤井誠 #-
元スッチ~大家さん。
女性でも男性なみにきちんと仕事していて貯蓄していれば、なんとかなるということですね。

私も妻を保証人にしていますが、保証人を立てたほうが楽に借りられるので、それ以上のトライアルはしませんでした。
その辺は見習わなくてはならないことですね。
  • 07月 29 2013
    • 2013/07/29(月) 09:42:39
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 平塚のベンベン #-
うちも、嫁さんとは一蓮托生。。。。。
仲良くする以外に方法がありません(笑)
やっぱ、コミュニケーションですね。
  • 08月 04 2013
    • 2013/08/04(日) 11:28:04
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 赤井誠 #-
平塚のベンベンさん
夫婦仲良くが一番ですよ。
お金があっても夫婦で隠し事をしなくてはならないのは私はあまり好きではありません。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。