新築アパート投資の原点赤井誠のゼロからの不動産投資 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

不動産投資ブログ カテゴリ

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ お勧め本

お勧め本をまとめました     

私の新刊 必読本です。


岡本さんの新刊です。初心者の必読本


沢さんの新刊 お勧め


コインパーキングの儲けの秘密


銀行員の頭の中を知りたい方


海外投資を考えている方にお勧め


岡本さんの新刊です。

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産業者関係  リンク

google +1


先日、ごま書房さんから献本していただいた新築アパート投資の原点を読みました。



今回の本は前回とは違い、今、白岩さんがやっている吹き抜け型アパートとシェアハウスの内容がそこそこ詳しく書かれています。

白岩さんはアパート投資の王道の時から基本的な立地に対する考え方は変わっていないと思います。

あくまでも世田谷・目黒といった人気の地域の徒歩圏に建てるということです。

特に、シュアハウスは5分以内としている点は、ニーズ分析にもとづいてそれなりの家賃も取るという考えだと思います。

以前と考え方に違いがあるのは、吹き抜け型アパートだと思います。

こちらは、今までは敷地延長の土地に大型の長屋を建てていましたが、世田谷住民の反対運動などにより条例が厳しくされるように、地域住民との共存を重視して、小型にすべきであるとし言う主張が今回の違いであると思います。

これは、今の状況ならうなずける点だと思います。


ただ、白岩さんは今は「王道」とは一線を引いて活動をしているようですが、やはり、過去に自分が主張した大型の吹き抜け型アパートの提唱者であることは間違いありません。

この辺は、以前のタイプに対する今後の提唱があってもいいような気がします。
それが責任だと思います。

今後もシェアハウスなどは時代によって外部環境や法律的に変わることがあるかもしれません。

最終的には土地値が硬いのが首都圏の一等地なので、それまでにある程度利益確保をしてしまえば、今回のような小型用地は一般住宅用地としての出口は用意なのだと思います。

あと、ひとつ疑問なのは前作でノウハウを出して大失敗したので、今回は出さないといわれていたと思いましたが、それを今回は出している点です。

これは、やはり人の口に戸は立てられないと割り切ったのでしょうか。もしくは、それより公開したほうが集客的に良いと考え方を変えたのでしょうか?

まあ、このへんは会員になってコンサルタントを受ける方が気にすればいい話ですかね。


本の内容としては、なぜ今このプロジェクトをやっているのかとか、その内容が写真入できちんと書かれているものですので、こういう考え・建築に興味がある方はぜひ読んでみる価値はあると思います。

私は意外に面白かったと思っています。



激落ちしました。応援よろしくお願いします。
             ranking_banner.gif



最新の健美家コラム、更新しました。
空室対策に必須な営業力向上のためのポイント  
関連記事

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する