進藤さん新築見学会赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
FC2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

  • 進藤さん新築見学会

土曜日は進藤さんの新築物件見学に行って来ました。

場所は新宿から二駅の幡ヶ谷。

非常に便利なところですが、町はあまり都会のようではないですね。

でも、そこから徒歩12分。RCの素敵な建物です。

今回も長屋構造の建物。

やはり窓先空地を考えるとどうしてもこのパターンになってしまいますね。


中は、いつものように忍者屋敷。

スキップフロアがいろいろ入り組んでいて、面白い建物です。

s-DSC01698.jpg

スキップフロアですが、それほど段差も多いわけではないので、それほど使いにくさは感じませんでした。

s-DSC01615.jpg

狭小物件でよく使われる手法ですので、実際よりは見た感じの広さはあります。

特に、入り口が広くて自転車まで入れられたり、

s-DSC01656.jpg

わざわざシングルの部屋をふたつ作れるものをひとつにして、税金対策をしていたり、将来的には分離できるようにしていたり、この辺のつくりはさすがだと思いました。

s-DSC01689.jpg

まあ、私のような年配者だと当然のごとく、こういうスキップフロアよりはフラットなほうが住みやすいし使いやすいと感じます。

ただ、ターゲットが若者だと、そんなことより、格好良くて人とは違う家に住みたいというニーズはあると思います。

s-DSC01668.jpg

s-DSC01608.jpg


コンサバで考えると、結局ストレスを感じて長く住んでもらえないのだと思ってしまうのですが、そうは言っても差別化されていなければ、今後の競争にも勝てないのも事実。

最終的には何が正解なのか私には良くわかりません。

使いやすさと格好良さなどのバランスなんだと思います。


また、2階と3階の間に作られた蔵ロフトスペース。これはいいですね。
s-DSC01678.jpg

それと、このベランダ。隣の視界がなければ最高です。
s-DSC01679.jpg


ただ、せっかくの広さがあるのにわざわざバストイレ一緒にするとか、
s-DSC01659.jpg

浴室の洗い場がないとか、私の物件ならば、これはNGです。
s-DSC01636.jpg

それと、いつも進藤さんの物件は窓の位置をかなり緻密に計算して、近隣との視線をうまくずらす設計をされているのに、今回のはなぜか、完全に視線がかぶっています。

s-DSC01642.jpg

この辺は何故なんでしょうか。ちょっと残念な気がしました。

もう少し、進藤さんとお話したかったですが、人気者のため今回は聞けませんでした。今度良く聞いておきます。

ただ、今回もいろいろ役に立つことが多くて、いろいろ勉強になりました。

こういう機会を作っていただいたオーナーさんと進藤さんに感謝します。

ありがとうございました。



また、当日、現場にいた黄金ガールさんよりチョコをいただき、
s-DSC01720.jpg

母うっちーさんからは韓国のお土産いただきました。
s-DSC01721.jpg

こちらもありがとうございました。いくつになっても贈り物をもらえるとうれしいものですね。

いつもありがとうございます
             ranking_banner.gif


最新の健美家コラムはこちら。
キャッシュを生み出す「減価償却」の本当の意味を理解する  
です。

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する