2013年03月25日赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
FC2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

  • 決済に向けての条件交渉

売主さんが倒れたため決済が延期になってしまった物件ですが、多少、進展がありました。

とりあえず、ご子息と仲介業者さんが話し合って、元奥様も交えて、どうするかを話し合ったようです。

こちら側は決済の猶予の内容証明をうちましたが、その期限も切れた状態です。


今週中には、司法書士さんと仲介業者さんが病院に行き、本人に売却意思の確認に行くようです。

あとはご子息と奥様の意思は条件面での調整をして決済したいということになりそうです。


もともとある程度の価格ダウンによってご子息は売却を望んでいるようでしたが、自分が倒れたことにより、せっかくの高利回り物件を本当に手放すのか、正直、本人の意思はわかりません。

私なら、この物件はかなり高利回りで運用できているので、違約金を払っても将来不安のために決済を中止したほうがいいと考えると思います。

それとも、ある程度の一時金を手にするために、ある程度、金額を下げたところで決済するのか。

正直、どうなるかわかりません。

どの道、もう繁忙期もほぼ終わり、決済するにしてもいつになるのかはっきりしません。


また、入院中の売主と何度も価格の交渉を行うというのは、かなり難しい。

そのため、今回は、様々な根拠をきちんと提示して、こちらが交渉に応じる価格を連絡しました。


いろいろ考えたのですが、あまり厳しい価格提示もかわいそうな面もあり、繁忙期で失った機会損失分を埋められる金額の妥協ラインを提示しておきました。

違約金を払うよりはぜんぜんいいと思いますが、最終的にどういう判断がくだされるか、今週中にははっきりすると思います。


とにかく、今、これ以外にブログに書いていないハードな交渉ごとが発生していて、正直、こちらはだめならだめで、さっさと決着付けたい感じです。


さらに、本日、申し込みがあった部屋がキャンセルになったと連絡がありました。

しかし、苦戦していた別の部屋に申し込みがあったとの連絡もいただきました。

なかなか、一気に上昇気流には乗れていませんが、必ず、すべてきちんと納得のいく決着をつけたいと思います。


こちらもなかなか上昇気流に乗れません。応援よろしくお願いします
             ranking_banner.gif


最新の健美家コラム、更新しました。
繁忙期でも埋まらない部屋の共通点  



関連記事