2013年03月赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
FC2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

仲介さんが自称プロの身内と何度も何度も話をしてくれましたが、結局、話がつかず、買主とどうしても話をしないと収まらないということで、私との面会に来ました。

相手は、すでに戦闘体制です

まず最初に自分がプロの不動産屋だと知っているのか というところから始まりました。

結局、こちらが妥協案として出した根拠に納得がいかないとのことでした。


私の方は、病気の相手から提案をもらって、そこから仲介さんに何度も病院に行ってもらって価格交渉をしても大変だし、時間もかかることは容易に想像できました。

そのため、単純に違約金で処理することも考えたのですが、私の方でぎりぎりこの時期になったために、私が追う可能性のあるリスクを出して、これだけのリスクを負う以上、これ以上では買うことができませんという価格を提示しただけです。

あくまでも相手方が違約金を払うのに比べたら、だいぶ得するように金額を出しました。


それに対して、3月分の家賃の分を減らすのはわかるけど、それ以外は何故、その後の何か月分もの家賃を払わなければならないのかわからないということです。

要するに遅れた3月分は負担するけど、それ以外はおかしいのではないかとの主張です。

えーという感じです。


自分側が決済を飛ばして違約金をもうすでに払わなくてはならない状態であるということが完全に抜けています


相手は感情的にこちらに話をしてきますので、私としては冷静に淡々と話を続けました。

いろいろ話をしましたが、どうしても納得がいかないとのこと。


最後には

もし、こちらの妥協金額が安すぎるというのであれば、そちらの提案額を提示してください

ということを伝えました。

私のほうも相手が言うように完全にすべての金額の根拠が正しいかといわれても証明できません。


もちろん、

金額をいただいたら一旦持ち帰り、こちら側がそれを受け入れられなければ、通常通り違約処理をします

 と言うことも淡々と伝えました。


相手の自称プロの若造も引き下がらず

わかったそれでいい


と言って、席を立ちました。


私も、今日は決済できないなと感じ、すべての資料・現金・印鑑をしまい、帰り支度をしました。

仲介の方もこれでは仕方ないということで、引き上げていきました。


ということで、もう少しこの話引っ張りますね~。それでは。


続きに興味のある方は、応援よろしくお願いします
             ranking_banner.gif


最新の健美家コラム、更新しました。
繁忙期でも埋まらない部屋の共通点  





関連記事
  • 自称プロの身内がやってきた

先日より、決済がずっと伸びていた契約ですが、昨日、こちらからの妥協案を承認したという連絡があり、急遽、今日の夕方に決済になりました。

時間に合わせて、お金もすべて用意して指定の場所に到着。

その時、たまたまエレベータに一緒に乗ったのが、相手の身内のようでした。

着くなり、私より先に言って、私が呼びたかった担当の名前を言っていたので、そのまま私は後ろで待っていました。

雰囲気的に殺気立っています。

業者さんは、私にも気がついて、別室に案内。

そこで、待っているとドアの向こうからかなりの剣幕で「納得いかねぇ~」

って声が聞こえます。

その間、20分ぐらい。私はずっと待ったままです。


その後、仲介さんが私のところに現れて、こちらから妥協案で出した金額の根拠が納得いかないとごねているという話がきました。

売主には3人ほど身内がいましたが、そのうち二人は納得しているのですが、最後に話を聞いた自称プロの不動産屋が納得していないと言っているようです。

こちらは、単純に違約金にしてはかわいそうな部分もあるので、それ以下で、こちらが妥協できる金額を提示したつもりです。

もちろん、仲介さんも完全に理解しています。


しかし、この自称プロの不動産屋は理解していない模様です。

聞けば、不動産会社に勤めていることは事実のようです。


でも、それでプロなのかどうなのか。まさか、賃貸の仲介案内をしているわけではないでしょうね。

正直、見た目は30前後。以下かも知れません。


こちらも宅建主任の免許は持っています。契約の意味は理解していて、そこでぎりぎりの妥協案を持って言ったのです。


司法書士さんも待たせたまま、時間がこくこくと過ぎていきました。

ということで、もう疲れましたので、この続きは明日にでも。



続きに興味のある方は、応援よろしくお願いします
             ranking_banner.gif


最新の健美家コラム、更新しました。
繁忙期でも埋まらない部屋の共通点  



関連記事