2013年02月07日赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
FC2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

先日、退去したお部屋。

たった一年の入居でしたが、一番きれいなデザインクロス上にフックがふたつ貼り付けられています。

s-DSC01742.jpg

もう少しおしゃれなものだったら、残しておいてもいいのですが、どう見ても100均で買ったもの。

このままでは印象が悪いし、貼り変えるのはもったいないし土日に間にあいませんので、今晩、取り除いて補修しました。

かなりきっちりくっついているので、

まずは、隙間から剥離材を流し込みます。

s-DSC01745.jpg

使用したのはこちら





ちょっとしてから、上部から少しずつ引っ張ります。

隙間が空いたら、またそこにシールはがし剤を流し込みます。


今回は、下地のクロスが弱く、途中からはクロスも剥がれてしまいました。

それでも根気良く少しずつはがしました。

片側は、クロスが一応きちんとありましたが、ひとつのほうは一度貼り変えたようで、クロスの一部が欠落しています。

そのため、片側はクロス糊で貼り付け、もうひとつは欠落した部分を部分張替えすることにしました。

まずは欠落していないほう。

s-DSC01748.jpg

糊で貼り付けます。

s-DSC01763.jpg

しかし、きれいに貼っても切れた跡が見えてしまいます。

こんなときはこちらを使います。



切れた部分の白いところを近い色で塗っていきます。

s-DSC01766.jpg

ほとんどわからなくなりましたね。


こらちは切れて欠落しているもの。
s-DSC01746.jpg

一部を部分貼りしました。
s-DSC01759.jpg

こちらも同様に仕上げて、こんな感じです。
s-DSC01765.jpg

こちらは、パターンがあっていないので、良く見るとわかりますが、まあ気がつくことはないと思います。

s-DSC01757.jpg


あとは、扉のしまりが悪いということだったので、調整しておきました。

s-DSC01752.jpg


これにて、終了です。

一応、土日の内見に備えて少しでも印象がよくなる様に、自分でできることをやっておきました。

管理会社さんや仲介業者さんがせっかくお客さんを連れてきてくれるのですからね。

あとは吉報を待ちたいと思います。

いつもありがとうございます
             ranking_banner.gif


最新の健美家コラムはこちら。
キャッシュを生み出す「減価償却」の本当の意味を理解する  
関連記事