2012年09月08日赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
FC2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

私は現在、4つの管理会社さんとお付き合いがあります。

それ以外に、過去にお付き合いしていたり、中古で取得したときに以前の管理会社さんの契約書を見たりしていて気になる点がありました。

それは、更新料に関することです。

たいていの場合、更新料はオーナーと管理会社で折半します。

オーナーに入る分は基本的に家賃の一部となるので、非課税所得です。

しかし、管理会社さんに支払う更新手数料は、課税支出になります。

今まで、ほとんどの管理会社さんは更新手数料は消費税込みにしています。

もちろん、私のお付き合いのあるところでは一社のみ更新料は消費税別としているところはありました。


今回、そのうちの一社のミニミニさんからお手紙が来て、2013年1月より消費税分を外税にするとの連絡がありました。

大手のミニミニさんがやったことで、アパマン系の管理会社さんなどもやるようになってくるのだと思います。

管理会社さんも消費税が増税されると負担が重たくなってくるのだと思いますが、オーナー側にこの分がしわ寄せされるとと、オーナーサイドがますます苦しくなってきますね。

もちろん、入居者の契約書に更新料が0.5ヶ月、更新手数料が0.5ヶ月+消費税としている契約書もあるので、このように契約書全部を見直して、入居者さんに負担を強いる事もできます。

たった数%との増税といっても、賃貸業に与える影響は大きいと思います。

今後の消費税増による対応次第で、契約書の見直しや管理会社の変更など、いろいろ動きがあると思います。


いつもありがとうございます−−>


融資で苦労している方


健美家コラム更新しました。--->こちら
関連記事