2010年07月25日赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
FC2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

とりあえず、現在、すべての物件で満室であるが、仙台のアパートで明渡訴訟を行っている。

家賃は、保障会社より入金されているが、実際にはもう何ヶ月も滞納なのである。

というか、愛の逃避行でうちの物件に住んだらしいが、あっという間に別の場所に逃げてしまったようだ。


行方がつかめず、苦労しているらしい。

そのため、現在保障会社さんの方で、明渡訴訟を行っている。


先日、そのために委任状を6枚と解除通知書を4枚提出した。


手順は、

1.内容証明郵便を契約者住所に発送

2.配達証明が戻ってきてから、弁護士事務所に必要書類を発送

3.裁判所へ明渡訴訟訴求の申し立て

4.口頭弁論

5.判決言い渡し

6.裁判所への執行分の付与申請

7.強制執行の申し立て

8.強制執行催告

9.執行官が物件に行き、契約者に明け渡しの催告を行う。不在の場合は工事所を掲示する。

10.強制執行断行

11.明渡完了


という感じだそうだ。


現在、そろそろ5番の判決になる頃である。


ただ、実際に明け渡しが完了するのは、秋ぐらいになるでしょうか。


困ったものです。


唯一、保障会社に入っているのが、救いですね。


保障会社に入っていなければ、一年以上の賃料を失うことになり、さらに訴訟費用等もすべて負担しなくてはなりません。


これからも、こういう事件が増えるのでしょうか。


とりあえずは、すべて管理会社さんと保障会社さんの方でやってくれているので、私は、待つのみです。

こちらもよろしくお願いいたします。-->人気ブログランキングへ

【役に立つ資料】
フルローンで買いたいという方は こちら

リスクの低い東京物件を目指す方(初心者向きです)
不動産投資 東京攻略法


関連記事