2010年06月18日赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
FC2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

先日できた新築の固定資産税のための家屋調査のお伺いが来た。

区役所の税務課に問い合わせをして、満室の場合は図面送付で処理してもらえるとのこと。

各階の平面図と立面図・仕上げ表を送付すればいいらしい。

ただし、現地には確認にきて、どこかに調査済みのシールを貼るようだ。


今回は、ローコストに仕上げているので、どの程度の固定資産税になるかは不明であるが、納得いかない場合はきちんと意義を申し立てる予定。


家賃収入の5%ぐらいでないと、困る。


RCと違って、木造だし、前回もだいたいそんなものだったので、どういう結果になるでしょうか。



話は変わりますが、明日は、父の病院の先生から呼ばれ、朝一に病院に行く。

あまりいい話でないことはわかっていて、正直、かなり悩んでいる。


父は人工透析は絶対に拒否していて、そこまでして生きなくてもいいと言っている。

たしかに、障害者の父にとっては週三回、死ぬまで透析をするとなると相当な負担になる。


しかし、腎臓がやられれば、透析をしなければ間違いなく死ぬ。


とりあえず、薬でできる限りのことはやってもらうことにしているが、ちょっとどうすればいいのかわからない状態である。

とりあえず、明日、医者と相談。

何かいい策はないものだろうか。

アクセスは多いのですが、応援よろしくお願いいたします。-->人気ブログランキングへ


【役に立つ資料】
フルローンで買いたいという方は こちら


関連記事