2010年06月08日赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
FC2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

先日、会社で将来ビジョンの話をしていた。

現在担当している技術の社内の有識者が集まり、将来の技術開発をどうして行くかの話し合いである。

先日のブログでも書いたのだか、最近は会社も以前に比べ、全然夢を追っていない。

Topからはwhat(何)をすべきかを語らず、How(手法)ばかりが降りてくる。


いろいろな管理シートや成功するためのやり方論ばかり。


自分達がどうしたいかを何をすべきかの議論が本当に減っている。


不動産で言えば、不動産経営によって何をしたいのかではなく、どうやって手に入れるか、融資をうけるかばかりを考えていて、買ったあとに自分がどうしたいのかが不明確な感じである。


これでは、うまくいかない。


たまたま、仕事で議論している内容にipadが絡んでいたので、自然とジョブスの話に。


私は、熱狂的なアップルファンではないが、AppleⅡ,Machintosh,Nextなどは仕事で使用してきた。


そして、ジョブスは歴代のコンピュータ関係の著名人の中では最も好きだ。


部下にやり方ばかり指示するのではなく、自分のvisionを語る。

こういう人間には技術者はついていく。

今の会社に足りないものはこういうことなんではないかなどなど、いろいろな話になった。

もちろん、私も多くの部下を持つので、こういうvisionがきちんと語れているかは反省しなくてはならない。

ただ、サラリーマンも不動産も好きなことをやっている。

決して、お金・家族のためにいやいややっているのではない。

そうならば、とっくに辞めている。


強制力のある上司からつまらないやり方論が話させるより、ちょっと古いがジョブスがスタンフォード大学での卒業式でスピーチしたような内容を語って欲しい。

私はこのスピーチは何度も聞いたし、本当に感動した。

自分がすばらしいと思う仕事をしろ。

進むべきは好きなことを仕事にすること。

Stay hungy,stay foolish.



もし、聞いていない人がいたら、是非聞いてください。

英語が得意な方は、そのまま。

不得意な方は、こちらの和訳を読んでから、聞いてください。

私が一番いいと思った和訳は ---> こちら

ジョブスのスピーチは ---> こちら


ブログの応援は-->人気ブログランキングへ





関連記事