2009年11月27日赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
FC2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

  • 自動車産業周辺アパートの今後

現在、自動車産業の周辺のアパマンはかなり集客に苦労しているようだ。

先日もとある場所の状況を調べてみたが、なかなか厳しい。

今は自動車産業もかなり厳しいが、私は必ず、1-2年で復活してくると思っている。

ただ、ちょっと気になる記事を読んだ。

自動車産業がこの円高で、調達方法を海外からの輸入に切り替えだしているらしい。

日産では現在20%程度の海外部品採用比率であるが、これを2012年には40%に増やす計画があるようだ。

本田も同様に進めようとしてるらしい。


最大のトヨタの事がわからないが、やはり、この流れは変わらないと思う。


そうなると、たとえ自動車会社が2年前のような好況に復活しても、その周辺業者のうち何十%は復活できないことになる。


海外の部品の精度があがればあがるだけ、その流れは加速する。

そうなると、安い労働力を連れてきて造っていたものが、安い労働力のある国で作った物を輸入するという流れになる。


こうなると、派遣で埋まっていたアパマンがすべて復活することはできない。


まあ、この辺はどうなるかはその時になってみないとわかりませんが、このような流れをきちんと読まないと、単なる高利回りに吸い寄せられて、苦しい展開になるかもしれません。

多分、投資の上手な方は、もうすでに逃げているとは思いますが。

さて、日本の製造業ほんとうにどうなるのでしょうか。

私も製造業のサラリーマン。

今年も大幅ボーナス削減で苦しんでいます。

周辺の中小も苦しくなると思いますが、大企業も大胆な工場の集約を行いますので、この辺の情報はサラリーマンネットワークもなかなか馬鹿に出来ません。

だいぶ落ちました。応援よろしくお願いいたします。-->人気ブログランキングへ

競売を学ぶ方は必須

藤山流 競売不動産投資の極意直伝セミナー

関連記事