2009年08月13日赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
FC2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

昨日のクリック数は11/801でした。ブログランキング応援おねがいします!

私はサラリーマンと兼業していますが、仕事に関してはつくづく同じようなことが多く感じます。

今日はうまくいく人とうまくいかない人の違いでかんじている事を書きたいと思います。

私はサラリーマンでは技術系の開発リーダーをやっています。

どうやって、仕事をうまくやるか、そのためには常に楽観的というか前向きというかそういう考え方で自分を常に奮い立たせる必要があります。

なぜなら、リーダーが落ち込んでいたら、当然のごとく部下は落ち込むし、頑張ってもうまくいかないときに、あきらめるようになります。

仕事をしているとかなりの確率でだめな事のほうが多いです。

これは、本当にいつもそうです。

私も正直いつもめげる気持ちはおきます。

結構、落ち込む事もあります。

でも、それで落ち込めば、チーム全体の士気は低下します。

そうなれば、うまくいくものもうまくいかない。

何度やってもうまくいかないから、努力しても仕方ない。

こう考え出したら、どうせやってもうまく行かない。

自分には向いていない。

自分の力ではどうにもならないことはある。

と自分を納得させて、あきらめる癖がつきます。


でも、本当にそうでしょうか。

私は、継続していけば必ずうまくいくはずと信じて仕事はしています。

つらくなると、必ずそう思うようにしています。

自分で自分に頑張ればいつか必ずうまくいくと信じてやるようにしています。


そうはいってもサラリーマンの仕事でもうまくいかずにだめになった事もありました。

でも、すべてがそうではありません。

次は必ずうまくいくと思って続けていけば、必ずうまくいきます。

ここ数年、サラリーマンの仕事でも何度も苦しい時はありましたが、メンバーの誰かが必ずいいアイデアを出し、何とか世界に先駆けて技術を生み出し、製品や特許につなげてこれました。

うまくいくと思ってやった事が思い通りに行かないことは何度もありますが、私は、次は必ずうまくいくと声をかけています。

不動産でも様々なリスクがありますが、いろいろうまくいかない事があっても、継続して学んだり経験を積み上げていけば、必ずうまくいくと信じています。

不動産の専門知識に関しては私もまだ4年目で長く経験している人にはかないませんが、サラリーマンはもうすでに20何年もやっています。

常に、仕事をあきらめずに続けてきた点では自身があります。


どこの世界でもそうですが、駆け出しの人にその業界知識人が高圧的な言動を行うことがあります。

これは、サラリーマンでも不動産の世界でも同じです。

でも、若い人やこれから頑張ろうと考えている方は絶対にそんな言葉にめげないでください。

経験者から学ぶものは学ぶべきです。ただ、すべての経験者が自分の手助けをしてくれるわけではありません。

自分が常に前向きにものを考え、続けていけば必ず未来は開けます。


周りの人も自分が常にそういう行動をしていれば、絶対に味方になってくれます。

私は妻にもいつも必ずうまく行かせると話しています。

妻は私が途中で絶対に投げ出さないことは知っているので、信じて協力してくれています。


業者さんとも私は常に前向きな話をするように努力しています。

どうやれば、次はうまくいくか

自分がそういう姿勢で仕事をしていれば、絶対にうまくいくと信じて今後もやって行こうと思います。

遊んでいるうちにだいぶ落ちちゃいました。
ブログランキング応援おねがいします!

フルローンを学びたい方はこちらを参考に

競売を学びたい方はこちらを参考に
関連記事