2008年10月08日赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
FC2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

最近沢さんが出された<借金パワーで金持ちになる>をまたじっくり読んでいる。

その中で、とても大事なことを再認識した。




もともと借金は
<種を借り、祖立てた成果の一部を金利として払う>

と言う内容。

あくまでも何かをやるための種銭を借り、それを元手に商売をして上げた利益から種銭に利子をつけて返すということ。

要するに、借りた事業資金で、事業と言う行為を行い、その行った行為によって得た利益で事業資金と利子を返すのである。

不動産で言えば、土地と建物の代金を借り、その建物に入居者を入れる事業を行って、その利益から土地と建物代金を返す。

種銭を返し終わった段階で利益は自分のものになる。

決して建物を買ってあとはよろしくねとか、借金を返さないうちに自分で使ってしまうなどと言う行為は、この考え方からはずれていく。

もう一度、自分の行動を見直してみる。

物件を買うために借金をする。
そこで手に入れた物件に様々な工夫等をして、家賃を少しでも多く稼ぐ。
稼いだお金は借入金の返済にまわす。
このお金は不動産以外には使わない。

生活のための資金はサラリーマンで稼ぐ。
生活には食費・教育費・住居費などなど。
うちの場合は教育費がダントツで高い。

残りから一部を海外旅行などの娯楽費にあて、あとは質素な生活。

将来のための資金作りとしての不動産。

今は地味にしっかりと稼動させて、将来の収入を生む大きな木に育ってもらいたい。
それまでは、その木の実はしっかり肥料にするか、次の木の購入にして、林にできるといい。

応援クリックおねがいします!

サラリーマン 大家 あかちゃん 不動産投資 アパート経営 マンション

<お勧め教材>
融資を含めて不動産投資の基礎知識・実践的ノウハウを学ぶには、かなりお勧めです
20代でもアパートオーナーになれる驚異の不動産投資法

低金利の融資を引き出せる国金レポート
面白い程「国民生活金融公庫」が分かるレポート

関連記事