2008年07月26日赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
fc2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

  • 新築打合せ

先日、現在検討中の新築案件の仮図面ができたとの連絡を受け、打合せを行った。

いくつかのバージョンが考えられていて、いろいろな話をしながら今後の方向性を決めていった。

まず、第一に共同住宅で行くか、長屋で行くか。

共同住宅も廊下部が建ぺい率に入らない方法など裏技もあり、面白かったのだが、プラン的にはややむりがあった。

東京都の場合は、窓先空地が最大の難関。
玄関以外に窓先に1.5-3m程度空き地を道路までつくらないとならない。

これがとても難しい。

今回はプラン的に長屋で行く事にした。

それと今回は合計で12-14室の物件にする予定なので、それぞれ様々なパターンを用意できそう。

○バイクガレージ付きの部屋(男用)
○スキップフロアー収納たっぷり部屋(女の子用)
○広々ロフト・スカイデッキ付き部屋(男女)
○極小だけどそこそこ住める格安部屋(貧乏用)

といういくつかのパターンを練っている。

それぞれによってシャワールーム・お風呂を使い分け。
キッチンなどの水周りもいろいろ変えてみる。

この手のカタログをみながら話をしていると、時間がどんどん経っていき、結局終電間際まで打合せをしてしまった。

これからは第二ステージに行き、役所での法規制などを調べてもらうつもりである。

さらに、銀行にもすべての資料を送った。

先日、電話があり何とかなりそうだが、やはり融資そのものは厳しくなってきている模様である。

今回の計画では頭金は20%は入れる予定で事業計画書を作成したので、この辺は非常に助かると言っていた。

やはり頭金を用意できるかどうかが現行の銀行融資には重要そうである。

とにかく、今のように融資が絞られているときには不動産価格は下がるので、この時期にやはり物件を入手できるように銀行対策だけはきちんと行っておきたいものである。


皆さんの応援が励みです。クリックおねがいします!

サラリーマン 大家 あかちゃん 不動産投資 アパート経営 マンション

<お勧め教材>
融資がこれからの物件入手にはもっとも大事です。
現役の融資担当者に教えてもらうのが一番早いし、確実ですよ
アパートローン必勝マニュアル

融資を含めて不動産投資の基礎知識・実践的ノウハウを学ぶには、こちらもかなりお勧めです。頭金「ゼロ」でできる、『光速』収益不動産投資成功法
関連記事