2008年05月15日赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
FC2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

  • 三日坊主

すいません。
ブログ休んで3日立ちました。

もうブログ書かないの きました。

3日坊主です。。。。
 



この三日間いろいろな人のブログを読んでいると自分も結局書きたくなり、まあ、無理のない程度に書き続けようと思います。

いろいろコメントもらったのに

誠に申し訳ありません。(ペコリ)


また応援クリックよろしくお願いします!


ということで、何事もなかったかのように現在の状況を。

現在、二つの物件の購入を検討している。

その物件の審査待ち状態である。

ひとつは木造の築古物件。現在、元値の約40%引きで交渉成立しているが、若干評価が足りない模様。

路線価ぐらいの値段なのだが、いろいろ銀行が評価するとそれすら割り引かれてしまう。

これに関しては、出た評価+頭金で業者に再度指値をする予定である。

そうすると45%引きぐらいになる。

この物件は、表で動いていない物件のため買う人は限られているので、融資が確定すれば、強く交渉できる。

ただ、ここで困ったことが起きている。

この審査は今週ぐらいには結論出るとの話だったが、なかなか時間がかかっている。

その間に、ひとつある情報を見つけた。
その情報をいろいろ調べていると、よく知っている元付けの可能性が出てきたので、先日、その業者に行って見た。

聞いてみると、やはりそう。

理由は言えないが、どうしても至急売らなくてはならないとのこと。

物件は立地は最高。物も確認したが、いい物件である。

その業者さんと話したところ、元付け業者さんとしてはできれば、私に買ってもらいたいとのこと。

そのため融資が通れば、私に優先的に回してくれることになった。

ただ、その翌日、転売業者の買い付けが入ってしまったのである。

買って満室にして1000万は簡単に抜けると思う。そういう物件である。

ただ、いまのところ私の融資結果を待ってくれることになっている。

そのため、一番目の物件の融資審査をしてもらっている銀行に電話。

事情を話し、至急一番目の融資結果を教えてほしいということと、二番目の物件の資料も送付し、一番目がだめな場合はこちらを融資してほしいとのお願いをした。

銀行の方とは先日、いろいろなことを話して、私自身の理解をしてもらっているつもり。

とりあえず、今週中に一番目の価格をはっきりさせて、その価格で、再指値を業者にいれる。

さすがにその指値が通れば、そちらを買う。

利回りも15%超になるし、積算評価以下で買えるからである。

ただ、その指値がNGの場合は、来週の中までに二番目の融資確認をしてもらって、OKならばそちらを買う。

最悪審査が遅くなれば、みんなだめになる。

リミットは5/21(水)。

さてどうなるでしょうか。毎日めまぐるしく変わる展開です。

これからもよろしくお願いします。活動のはげみに応援クリックお願いします!

サラリーマン 大家 あかちゃん 不動産投資 アパート経営 マンション

今年は不動産絶好の買い場です。
そのときは融資を如何に引けるかがすべてです。
これらは専門家の知識を必ず利用した方が圧倒的にうまくいきます。


長期収支計画ツールも無料プレゼント。さらに3年間の返金サポート付きで安心。さらに初めて購入する方には買うまで永久サポート付きバージョンもあります。
20代でもアパートオーナーになれる驚異の不動産投資法

現役の融資担当者からいかにして融資を受けたらいいか?教えてもらいましょう。
現役融資担当者が教える正しいレバレッジの使い方


関連記事