2008年04月赤井誠のゼロからの不動産投資 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

不動産投資ブログ カテゴリ

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ お勧め本

お勧め本をまとめました     

私の新刊 必読本です。


岡本さんの新刊です。初心者の必読本


沢さんの新刊 お勧め


コインパーキングの儲けの秘密


銀行員の頭の中を知りたい方


海外投資を考えている方にお勧め


岡本さんの新刊です。

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産業者関係  リンク

google +1


ついに60万アクセスを達成!!

おまけにランキングも1位

ありがとうございます


お祝いに応援クリックお願いします!

今年もすこしずつパワーアップできるように頑張りたいと思います。

これからも応援よろしくお願いします。

ということで、

先日のブログの回答を少しずつ書きますね。

---------------

・値引きはタイミングである。
 ○ヶ月後と○ヶ月後

 理由は更新と関係あり

---------------

これは、公開されてから2ヵ月後と5ヵ月後です。

なぜか。

売却などの依頼は3ヶ月更新です。

そのため、公開後最初のうちは売主も強気で値引き交渉に応じません。

ただ、2ヶ月ぐらいたつと売主が弱気になったりします。

さらに、依頼を受けている会社も最初は専任でうけても、売れなければ一般にされたりしますので、最後の一ヶ月は精力的に動きます。

そのため、物件公開後、このタイミングで買う気を見せて、交渉すると指値が通りやすい環境であり、さらに営業マンも努力する時期です。

参考になりましたでしょうか。
参考になりましたら、活動のはげみに応援クリックお願いします!

サラリーマン 大家 あかちゃん 不動産投資 アパート経営 マンション

今年は不動産絶好の買い場です。
そのときは融資を如何に引けるかがすべてです。
これらは専門家の知識を必ず利用した方が圧倒的にうまくいきます。

現役の融資担当者からいかにして融資を受けたらいいか?教えてもらいましょう。
現役融資担当者が教える正しいレバレッジの使い方

融資を含めて不動産投資を学ぶには、こちらもお勧めです。
頭金「ゼロ」でできる、『光速』収益不動産投資成功法

銀行の評価方法を知り、提出用の事業計画書を簡単に作れる『らしんばん』の内容が良くわかります。間違った投資をしないためにとても有効なツールです。私も使っています。
アパマン投資ツール『らしんばん』DVD

強い物件を維持するにはセキュリティーがもっとも重要。
これはドロボウから学んだ元警察官から学びましょう。
元警察官が自らのアパートに行った「真の防犯対策とは?」





  • 銀行にご挨拶

本日は静○銀行にいってきた。

業者さんに○投げで融資の打診をしていたのであるが、結局、現在自宅のローンを借り替えた地元の支店での審査ということなので、一度はご挨拶に行っておこうと思い、たまたま会社が休みで銀行の稼動している本日、支店に行ってきた。

業者さんからは書類もすべて届いていたが、詳細な審査はこれからとのこと。

一応、ご挨拶がてら、自分の考えなどをきちんと話しておいた。

本当は、もっときちんと文書化してから行けばよかったのだが、今回は急に思い立ったので、何もなし。

まあ、基本的なところはすべて提出しているので、問題はないと思われるが、もしかしたら1億も借りるのに話もしないなんてちょっと気になっていた。

今回の融資のテーマは3つ。

○築古の木造に対する評価と融資条件。
○借地に関する評価と融資条件。
○自宅の共同担保価値の確認

これを確認したい。

RCに関しては私の場合、S○B○と関○アー○ンで融資はほぼ硬いので、その他の物件の融資がどの程度行くのかを確認したいのである。

もちろん、現在検討中の物件は条件が合えば購入したいのであるが、無理な条件では買う意味すらない。

一応、私の不動産への取り組みをお話して、今回の物件の周辺状況や賃貸状況および出口戦略をお話してきた。

評価的にはそこそこは出ている感じであるが、希望額と融資期間は自宅を共同担保に入れないとやはり無理そうである。

まあ、これは覚悟していたのであるが、最終的にはこの辺も指値交渉に使いたいと思う。

今回の物件のリミットは6月末である。

価格交渉は5月が山だと思う。

まあ、どうなることか、五月連休中はあまり進展しないと思う。

活動のはげみに応援クリックお願いします!

サラリーマン 大家 あかちゃん 不動産投資 アパート経営 マンション

今年は不動産絶好の買い場です。
第一次ピークは6末に必ず来るはずです
。なぜならば・・・・・・。

そのときは融資を如何に引けるかがすべてです。
これらは専門家の知識を必ず利用した方が圧倒的にうまくいきます。

現役の融資担当者からいかにして融資を受けたらいいか?今から準備しておきましょう。
アパートローン必勝マニュアル