2006年10月17日赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
FC2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

  • 車を法人名義に変更

今日はいきなり朝、家の奥さんが寝坊して大パニック

私もあと15分で始業時間ということで、すかさず本日体調不良のため、午前中休みますの連絡をいれた。

子供も遅刻で大変だった。とりあえず、学校まで車で送った。

ということで、月に一度ぐらいしか取れない貴重な有給

になってしまったので、無駄にすることは出来ない。

すかさず、以前から考えていた車の法人への移転登録を検討することにした。
今まで、躊躇していたのは任意保険とかが法人になると上がると思っていたからである。

本日、あらためて保険会社にどの程度の違いがあるのかを確認したところ、

なんと、まったく増額なし

とのことだった。

単に私の名義を法人名に変えるだけで、今までの等級も保険料もまったく変更がないとの事だった。

これは、私の大きな勘違い。

これで、俄然、法人に車を移転する気になってきた。

その後、税理士さんにも確認の電話をいれて、何の問題もないことを確認して、陸運局に行った。

陸運局ではいろいろてこずったが、無事、法人名義に変更することができた。

来月、車検なので、その費用はすべて法人にもたせることができる。
個人事業主だとある程度按分しなくてはならないので、かなり助かる。

さらに多少の車両代が発生するので、この分は減価償却ができる。

これで、次からは4年落ちのベンツを2年毎に買い換える準備ができた。

手順は以下の通りである。
○事前に用意するもの
 本人の印鑑証明(今の車の持ち主)
 法人の印鑑証明(これからの車の持ち主)
 本人・法人の実印
 車検証
 
○陸運局で購入するもの
 移転登録用書類と印紙(30+500円)
 譲渡証明書(20円)
 委任状(実印を押して、本人が登録に行けば不要。)
 車庫証明書(現所有者である本人と法人の住所が同一なら不要)

私は自分でやったので、委任状は不要だった。
また、自宅が事務所のため、車庫証明も不要だった。

陸運では書類を購入後、自動車税の申請をして、最後に移転登記の順番になる。
スムースに行けば小一時間で完了する。

必要な書類の記載例を以下の通り

○手数料納付書
 移転登録にチェックし、印紙を貼り、必要事項を記載。
手数料納付書

○自動車税申告書
自動車税申告書

○申請書(OCRシート)
OCRシート

○譲渡証明書
 譲渡人(本人)と被譲渡人(法人)の住所・氏名を記載
譲渡証明書


法人所有の車を検討している人は是非トライしてみたらどうでしょう。
デメリットはありません。

この本は参考になりますよ。
個人事業・自由業者のための会社をつくるメリット・デメリット本当のところズバリ!

---------------------
現在2位です。
今後とも応援よろしくお願いいたします。
人気blogランキング


関連記事