2006年08月06日赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
fc2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

今日は本当に暑かった。

しかし、今日は午前中庭の手入れをし、午後からテニスというタフな一日を過ごしてしまった。
 
私の大事な庭はずっと横浜の物件にかかりきりで荒れ果ててしまった。
思い起こせば、この家を購入してからというもの庭を徹底的に整備してきれいな庭が完成していたのに、今年は雑草だらけになってしまった。

そのため、今日は雑草処理をある程度したが、やはりほおっておくものではない。
ほおっておくととにかくやつらは進化する。ものすごい獰猛である。
本当は夕方やりたいのだが、夕方は蚊との戦いになる。

今週は火曜日休暇をとることに決めたので、その際にきれいに仕上げることにする。


ところで、昨日先日入居した女性の話を書いたが、その時にその女性とある会話をした。

女性「このインターホンいいですね」

私「ありがとうございます。実はこれ今回取りつけた新品なんですよ。前は電話機みたいなのがついてたんですが、女性の方が見えたほうがいいというんで。」

女性「あっそれうちの実家そうです。」

私「ドアの鍵も新品なんですよ。マンスリーマンションみたいでしょう」

女性「かっこいいです。びっくりしました。」

女性「ところで、実は私の友達が秋頃なんですが、ここに住みたいと言っているのですが、まだお部屋残ってましたよね。」

私「実は先日全部埋まっちゃったんですよ~」

女性「えー!! 私が見たときは5部屋ぐらいありましたけど」

私「そうなんですよ。このところ立て続けに決まってしまって」

私「この物件、今だけかなりサービスしているのんです。」

女性「そうですよね。この辺じゃこの条件はないですよね。」

私「また、そのうち空くかも知れませんので、何かあったら言ってください」

という感じだった。

今のマンションは意外と横浜西口の繁華街からは近いので、その辺に勤めている人には非常に近い。

その辺に勤めている人は結構同じ境遇なので、意外と友達紹介もいけるかもしれない。

今回は、もう少し早く言ってくれればと言う感じだったが、入居者からみても条件はいいらしい。

当初、半分も空いていたので、管理会社の査定金額を多少上乗せしてもらうのが精一杯だった。

やはり、それなりの整備をすれば、もう2000円ぐらいはいけるかもしれない。これだけでも年間30万以上のプラスである。

次からは少し上乗せしてみよう。

また、募集も紹介制を導入してみる。仲介手数料なし。紹介者に0.5ヶ月分。入居者からは事務手数料0.5ヶ月。これで、紹介者・入居者0.5ヶ月のプラス。私は広告料0で1ヶ月のプラス。
全員win-win。

今度入居者の部屋を回って、インターホンの取り付けをやってくるので、その時に何気でインプットしておきたいと思う。

また、昨日内見用においてあったパンフレットを数えてみた。
80部用意して、58部。
見に来た人が全員もっていったとしても約50%以上の成約率である。

これは脅威である。

モニタホンと暗証番号キーもそれなりにきいているとは思うが、実は今回のパンフレットの効果はかなりあったと思っている。

実は途中で退去した部屋は暗証番号キーがついていない。

これでも決まったのである。もちろんそのうちつけるが、やはりとにかく周辺よりだめな部分があっても何か売りをひとつ作って、それを徹底的にアピールする。
特に下手な営業マンが営業しやすいマニュアルとして作る。
何人かの営業マンが客を連れてきたときの会話を聞いたが下手な営業もいる。

内見者にもアピールは大事だが、営業マンはキーマンとして最需要である。

私も何度か営業をやったことがあるが、どんなものでも基本的に営業の力でかなり売れる。

これは今回実感として見についた。また、次回に活かしたいと思う。

---------------------
人気blogランキング





関連記事