2006年04月18日赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
FC2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

  • 法人化について

本日、法人化に詳しい税理士さんに自宅に来ていただき、お話を伺いました。

現在の我が家の収支状況を話、今回の改正により法人化してメリットがあるかということです。

今回の改正のポイントは所得分散がどの程度できるかということに尽きると思います。

今までは、法人から同族にすべて給与として支払うことで、大きく所得控除がとれたものを今年から社長の分の給与所得は法人の利益となると理解すればよさそうです。

すなわち、法人を作って4人で所得を分ければ、3人分はまるまる給与所得もとれる。社長一人分だけは法人の所得に加えればよいということです。

社長の給与分だけ法人税がかかりますが、その他は今までどおり、給与所得控除が受けれるようなので、それなりの人数で割れば、メリットは出そうです。

これは、専従者給与と同じようなものなので、当然といえば当然ですかね。

我が家の場合は妻と私ですべての所有物を1:1に分散しているので、このまま二人で法人にしてもそれほどメリットは出ないのですが、私の両親を入れることでそれなりの節税はできそうです。

さらに、小規模共済も4人分にできれば、その分も控除できるし、生命保険の掛け金も控除できます。

法人を作るのに30万ぐらいかかるのと、年間経費50万ぐらいを考えて、損益分岐点を考えると、我が家の場合、あと800万(400万づつ)ぐらいの課税所得が発生すると、間違いなく法人化したほうがメリットが出そうです。

800万円の課税所得というと年間家賃1300万ぐらいのRCをフルローンで買うくらいですかね。

今回のRC物件を購入した後で、仲介業者さんに「まだ年内融資が受けれるか」ということと、その時、「法人で融資が受けれるか」を確認してもらい、可能であれば、購入の3ヶ月前をめどに法人の設立を行いたいと思います。

法人設立のためには
・会社名
・役員名 住所 生年月日
・業種
・資本金

等を事前に決めておけば、比較的早くできるようです。

会社名はいくつか候補を決めておかないといけないのですが、アパート名と同じく早めに考えておかないとなかなか大変そうです。

先週から3人の税理士さんに話を聞き、やっとすっきりしました。
損益分岐の計算もきちんと忘れないうちに整理しておこうと思います。


だいぶ落ちちゃいました。応援よろしくお願いします。
    ranking_banner.gif
関連記事