物件見学赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
FC2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

  • 民泊物件見学

先日、いつも仲良くさせていただいている友人の簡易宿泊所を見学させていただきました。

場所は人気駅から徒歩数分の非常に立地のいいところです。

物件も元地主物件のオーナーズルームを改造して行っているので、非常に良い物件でした。

beforeはかなり汚かったとのことでしたが、DIYのリフォーム後のお部屋を見る限り、非常にきれいでした。

P1130005.jpg

元和室のクロスも好きです。
P1130007.jpg

洗面所もおしゃれ
P1130015.jpg

トイレのクロスも素敵です。こちらはかなり高いもののようです。
P1130017.jpg

全体的に費用も非常に安く仕上げていて、DIYパワーを感じます。


私も今、いろいろやっていますが、いろいろ参考になりました。

さらに、こちらはすべての運営を自分たちでやっているということで、運営費もかからず、収益は約月貸しの3倍。

かなりの収益ですね。

運営の手間に関していろいろ気になる点を質問させていただきましたが、意外にも手間のかからないリネンの工夫など、私がこだわっていた部分をあっさりと割り切っていて、私も少し考え直してみることにしました。

寝室はこちら
P1130025.jpg

P1130026.jpg

もともといい物件を安く買われていて、頭金も30%入れて購入されていて、十分に運営できると思います。

一度、完全に委託して失敗した民泊ですが、今年はもう一度チャレンジしてみたいと思います。

そのあとは、おしゃれなお店で懇親会。

とても楽しく過ごせました。

ありがとうございました。

無事Top10で年越しと新年を迎えました。ありがとうございます。今年も皆さまの応援、よろしくお願いします。下の画像をクリック!!
   ranking_banner.gif


ノムコムコラムもスタートしました。こちらも是非読んでください。 
第10回 売却すべき物件とその基準は?

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
今年の不動産投資戦略と最も大切な2つの原則




  • 隈研吾の「茶蔵」見学

今話題の隈研吾。

そう新国立競技場の設計者です。

新国立競技場は、「杜のスタジアム」と題し"木"を取り入れた、周辺環境と調和するスタジアム。木材と鉄骨のハイブリッド構造の屋根となっており、47都道府県の杉を使用してます。

そして“風”を使った温度調整機能があるらしく、涼しく観戦できるように考えられているらしい。

まあ、とにかく話題になった方ですね


その隈研吾の設計したレストランが茨木の境町の道の駅にあるというので大家仲間と行ってきました。

P1010092.jpg

P1010093.jpg

P1010292.jpg

P1010274.jpg

P1010269.jpg

この木の感じをみると国立競技場もイメージできます。

2019年4月19日にオープンした、「茶蔵」の1階には90分1,580円のビュッフェスタイル「さかいキッチン」があります。

2階には鉄板焼き「さかい鉄板」、「さしま茶サロン」があります。


「さかいキッチン」は地場境町で採れた新鮮野菜や塩麹(しおこうじ)や醤油麹を使用した肉やパスタ料理などが提供されているようです。

さっそくいただいてきました。

P1010195.jpg

P1010211.jpg

P1010139.jpg

味も美味しく、なかでもローストビーフ丼とデザートコーナーのモーモープリンはなかなかでした。

P1010160.jpg

P1010132.jpg


トイレマークもおしゃれ
P1010102.jpg

でもこういう部分の痛みが見えると、新国立競技場も今後のメンテ費用がかかるのが心配ですね。

P1010095.jpg

都心から意外に近いので、ご興味のある方は一度行ってみてくださいね。

そういえば、横浜の飲み会も隅健吾のビルでした。

IMG_7917.jpg

皆さま応援クリックのみが救いです。よろしくお願いします。下の画像をクリック!!
    ranking_banner.gif


ノムコムコラムもスタートしました。こちらも是非読んでください。 
第10回 売却すべき物件とその基準は?

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
災害被害に凹まず、有利な制度を活用して前に進む