銀行融資赤井誠のゼロからの不動産投資と0円世界旅行 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ-
FC2ブログ

赤井誠のプロフィール

赤井誠

著者:赤井誠

1,2作目
  アマゾン・楽天 1位獲得

40,000部発行



スポンサードリンク

カウンター 不動産投資ブログ

不動産投資ブログ 検索フォーム

不動産投資ブログ 最新コメント

不動産業者関係  リンク

  • ローン完済

金融公庫から受けていた融資が先日完済しました。

20200706_000146.jpg

総額1500万円のリフォームローンだったので、それほど大したものではありませんが、これでこの物件も間違いなく利益が確定しました。

もうすでに頭金の7倍くらいの家賃は回収しましたし、現時点で無担保で利回りが約18%。

利回り売りすれば12%くらいで売りに出しても3000万以上になるし、最悪、土地値でも1000万以上の価値はあると思います。

まだまだ見た目は新築同様なので、しばらくは稼いでもらおうと思いますが、償却は完全に終わってしまっているので、投資効率としては現金化して、それを頭金にしてレバレッジをかけた方がいい。

でも、ほとんど手がかからず、10年間満室だったので、今後のお気楽な経営にシフトしていくには大事な物件です。

ただ、償却をとれる物件も購入しないと、どうしても税率が上がってしまうので、今後は市況をみながらどうするか考えて行こうと思います。

当分はキャッシュマシーンです。

いつもありがとうございます。今年も皆さまの応援、よろしくお願いします。下の画像をクリック!!
   ranking_banner.gif

ノムコムコラムもスタートしました。こちらも是非読んでください。 
第12回 海外不動産投資のメリット・デメリット

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
「資本主義」のルールを知らず豊かになることはできない-初心者のための不動産投資の始め方2-


  • 今日は一日、銀行と役所周り

本日は朝から夕方までバタバタの一日でした。

まずは札幌物件の融資の正式申し込み。

とりあえずは内諾が出ていたので、契約書と重要事項、さらに自己資金のエビデンスチェックに伺いました。

契約書と重要事項、手付金の領収書の原本確認は今まで通り。

今回驚いたのは、通帳の確認です。

今回は所有する各銀行の個人・二つの法人の通帳を全20冊近くを持参しました。

IMG_7741.jpg


融資される銀行の法人口座に残金はすべて集めておきましたが、それ以外にその資金の流れや二重に資金計上していないかのチェックもされました。

ある銀行で記帳してからお金を下ろし、別の銀行に資金を移動して、それを記帳してまるで多くの資金があるように見せかけるようなことをやっていた輩が多かったのか、正直、まともにやっていた自分には迷惑な話です。

ひとつも不正はありませんので、そのまますべて説明して、見せましたので問題はありませんでした。

私も個人から各法人に数千万円ずつ役員借入金があり、今回のように多額の自己資金が必要な場合は、別の法人から個人に役員借入金を返済し、必要な法人に役員借入金として、資金を移動することが発生します。

法人A --> 個人 --> 法人B

と言う感じです。

それらをきちんと説明しておきました。

問題ないように今回は購入する法人Bにすべての資金を入れておいたのですが、それでもその資金が変なところから見せ金として振り込まれていないかもチェックしているようです。

これもどこかの三為業者が業者の資金を個人の資金の様に見せかけるために振り込んだりしていたのをチェックしているのですかね。

とにかく、どのみち迷惑な話です。

でも、資金の出所をきちんとチェックすることで不正が減少し、正常な物件価格になるのであれば、大歓迎です。


その後は、謄本や印鑑証明をとりに法務局と区役所に行き、別の銀行で倒産防止共済の手続きを行いました。

さらに、今回の台風被害の罹災証明書を発行してもらうように消防署と連絡を取り、明日、現地確認してもらうことにしました。

すでに一つの物件は取得していましたが、今回発覚した物件などは取っていなかったので、急遽依頼しました。

入居者には区から一部、見舞金がもらえるようですし、私の方もいろいろ優遇がありそうなので、念のため取得しています。


様々な手続きと、台風対応で今年は年末までは走り回らないといけないです。

まさに師走です。

明日は、父の墓参りと屋根の修理の現地確認をする予定です。

皆さま応援クリックのみが救いです。よろしくお願いします。下の画像をクリック!!
    ranking_banner.gif


ノムコムコラムもスタートしました。こちらも是非読んでください。 
第8回 低金利の融資を受けるには何が重要か(中級編)

健美家コラム更新しました。こちらも是非読んでください。 
投資家の自己成長に必要なもの。選択の基準を「厳しさ」から「楽しさ」へ